数年たっても影は消えない

感情ばかりがつのっていく

うずくまって一人描いていた

 

炎天直下坂道の上

にじんだ僕らが歩いていた

夏の温度が目に残っていた

 

「構わないでよ、何処かへ行ってくれ」

君の手を払った

 

「行かないでよ」なんて言って

君は僕の手をつかんだ

 

「うるさいな」

僕はちょっとの先を

振り返らずに歩いた

 

「本当の心は?」

 

「聡明」なんかじゃ前は向けない

理由がないからくさっていく

巻き戻ってくれればいいのにな

 

何年経っても僕は死なない

希望論ばかりを唱えている

当然今日も君はいないのにさ

 

「構わない、死ねよ、死ねよ、」って手首を

握ってただ呪って

 

何もできないでただのうのうと

人生をむさぶった

 

「夏が夢を見せるのなら

君を連れ去る前へ」なんて

照れ隠しした日々が

空気を照らして

脳裏を焦がしていく

 

18歳になった少年

また何処かで待っていたんだ

カゲボウシにじむ姿を思い出して

 

炎天下に住んだ校庭

笑っていた君が今日も

「遊ぼうよ」って言って

ユラユラ揺れた

 

「心配です」と不器用な顔

隣人なんかには解んないさ

悲しそうなフリをしないでくれ

 

もうろう今日も不自然でいよう

昨日のペースを守っていよう

君の温度を忘れない様に

 

叶わない夢を願うならいっそ

かすれた過去を抱いて

覚めない夢を見よう

 

当然のように閉じこもって

「それじゃ明日も見えないままですよ?」

それならそれでいいさ

つまらない日々を殺すように

手を染め「一人」をえらぶから

 

18歳くさった少年

また今日も祈っていたんだ

色めいた君の笑顔にしがみついて

 

炎天下に

「どうかいっそ連れてってくれよ」

なんて呟いて息を静かに止めた

 

戻らないあの日が痛くて

「誰も触れないで」

 

「聞こえてますか」と声が消えた

理由もなんだかわかっていた

夏の温度に手を伸ばしていた

 

炎天下、願った少年

「あの頃」に立っていたんだ

 

夏目く君の笑顔は変わらなくて

「死んじゃった。ごめんね」なんて

「『サヨウナラ』しようか」なんて

 

さびしいこと言わないで いかないで

カゲボウシがそんな僕を

見つめていたんだ